英文法と英会話は少し異なる

英会話につながる英文法とは?

英語の文法は、日本の教育では理詰めの勉強法が一般的となっています。学校の授業では、英語の文法の構文を解説して問題を解いていくことが当たり前となっています。この勉強法は受験では効果的ですが、実際の英会話で使うとなると通じなかったり物足りなく感じる時があります。ですから、英語の文法はしっかりと勉強しておくことはとても大切です。受験勉強の英語の内容は、大学まできちんと勉強しておくなら英会話を話す下地とすることができるからです。しかし、ただ問題を解く一般的な受験生が行う勉強法で学ぶのではありません。英会話力にも繋がる英文法の勉強することが会話力を身に着ける上では必要となってきます。

英語の文法を学ぶことは大切!

英文法は、英語を話す上で非常に大切なものです。しっかりした英文法を用いて会話をするなら、ネイティブはストレスなく聞きとることができます。これは英語だけではなく、日本語の文法でも同じことが言えることでしょう。みなさんは、日本語を勉強している外国人の発音の、文法が滅茶苦茶だと何を言いたいのか聞き取ることに苦労をすることでしょう。しかし、日本語の文法がしっかりとできているならば、聞いていてストレスを感じることなく理解することができます。それと同様に、英語を使うネイティブも文法がしっかりとしている方が聞き取りやすく感じるのです。もちろん発音も重要な点ですが、英会話は基本、文章で成り立っています。英会話で、一語一語を丁寧に聞き取っているのではなく、文章から単語を推測することを、ネイティブは自然と行っているのです。つまり、しっかりと文法を勉強した人の会話は、誰もが聞き取りやすいものとなり会話をストレスなく行うことができるのです。なので、英語を母国語としない日本人は、しっかりと英文法を勉強することがとても重要となってきます。

英文法を学ぶコツとは?

英語が話せるようになるためには、どうしても最低限の英文法を覚えることが必要です。その際、使う場面を意識するようにしましょう。中学英語の文法の場合、ほとんどがシンプルな表現のものがほとんどです。1つ1つ覚えていくなら、英会話で必要な基本の表現を身に着けていくことができるでしょう。まず日常英会話をマスターしたい方は、中学レベルの最低限の文法を覚えていくことをおすすめします。それだけを完璧に覚えるだけでも立派な会話をすることができるようになるでしょう。