英語の基本構造と国際言語に選ばれた理由

英語の基本構造を知ることは英会話の上達につながる

英会話を上達させるためには、英文法、つまり英語の基本構造をよく理解していなければ上達することはできません。英語の構造には次のような2つの特徴があります。

1、英語には語順が決まっていること。
英語は語順が決まっています。一番の基本スタイルは、「主語+動詞+目的語」です。この語順は変わることはありません。英語を話す際には、この語順通りに話す必要が不可欠です。そして、ルールに従って並び替えを行い、疑問文、否定文、疑問詞のついた疑問文を作ることができます。

2、修復の方法が決まっていること。
修飾するとは、「主語+動詞+目的語」それぞれのかたまり(品詞)に、どんどん付け足していくことです。付け足し方は2種類だけで、前に付け足していくか、後ろに付け足していくかのどちらかです。では、前に付け足すとはどのようなことでしょうか?たとえば主語が名詞の場合、その名詞の前に、aやtheやthisにthat、またthoseや色、代名詞のmyなどを付け足していくことです。一方、牛とに付け足していくものは、主語の後ろにそのまま付け足していくことです。後ろに付け足すことにより、解説や説明を付け加えていくことができます。

どうして英語が国際語に選ばれたの?

国際時代である現代、事実上の共通語として「英語」が用いられています。しかし、世界で使われている言語の中で最も使用する人口が多いのは「中国語」と言われています。その人口は10億人で、英語を話す3億5千万人をはるかに上回っています。その差はとても大きいのになぜ英語が国際語として選ばれたのでしょうか?それは、英語を話す人が世界各国に居るからです。みなさんは英語を母国語とする国といえばどの国を挙げますか?きっと多くの方が、アメリカやイギリスを挙げることでしょう。特にイギリスは英語の本家ともいえるかもしれません。なぜなら、イギリスは大英帝国の時代に世界各地を植民地として支配していた歴史をもっています。7つの海を支配した、という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。過去のイギリスには支配力があったため、植民地でも英語を話すように先住民に教育していました。そのため、現在でも英語を共通語としている国が多く存在しているのです。そのため、現在でも英語を共通語としている国が多くあるのです。このようにイギリスの歴史的背景に加え、英語自体の特徴も関係があります。英語はたった26文字のアルファベットだけで構成されています。文字が少なくて比較的簡単に覚えることができるのも国際言語に選ばれた理由の一つとなっています。

『中1英語をひとつひとつわかりやすく』の著者 山田暢彦先生、
『東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法』の著者 吉永賢一先生、
2人の先生がタッグを組んで作成したSuper Fast English!
現在、2週間分を無料プレゼント中です。