海外に住んで学ぶのが一番

海外で英語を学ぶとは?

海外に住んで英語を学ぶ方法は、英語をマスターすることができる手段の一つです。海外に住むなら当然のことですが、多くの時間に英語を聞いたり話したりする機会が多くあります。たとえば、レストランや買い物、学校や近所の方との付き合いなどで日常的な会話をしていかなければいけません。そのような英語環境のもとに身を置くことにより、英会話力は自然と成長していきますし、英語をさらに習得したいというモチベーションの向上にもつながることでしょう。また、メリットは英会話力が向上するだけでなく、考え方にも良い刺激を与えることでしょう。実際に、世界を広げるために海外に住む、という方も少なくありません。

海外に住んで英語を学ぶメリットとは?

日本に住んでいるなら、英語を使うという機会は頻繁にはありません。特別な仕事や学校などについていないなら、ほとんど英語に触れるということはないでしょう。また、プライベートで自宅にいる際にも意識的に英語に接しようとしないなら、日本語だけで一日が終わることは当たり前です。このような状況と海外での生活を比べてみてください。もし英語を母国語とする海外に住んでいるなら、仕事や学校の授業はすべて英語ですし、自宅でのプライベートの時間もテレビをつければすべての番組が英語です。また現地で友達を見つければ、どこかへ出かける時もすべて英語です。英語を勉強する時間をとらなくても、四六時中英語に接しているので、自然と英会話スキルが向上していきます。また、新しい単語も毎日少しづつ覚えていくことでしょう。もちろん、海外に住んだからすぐに英語がペラペラにしゃべれるようになる、ということではありません。しかし、リスニング力やスピーキング力が日に日に向上していくことは確かです。さらに、日本にいると諦めやすい英語の勉強も、海外に住んでいるならモチベーションがアップされるので、継続することが容易となります。なぜなら、英語を勉強しなければ楽しむことができないからです。テレビをつけても理解することができませんし、友達と出かけても会話を楽しむことができません。生活を楽しみたい!というモチベーションも海外に住むなら向上させることができ、結果としてそれは会話力の向上につながります。海外に住むなら英語に接する機会が増えて、英語へのモチベーションを高めることができるので、海外に英語を勉強しに行くことも英語を上達させるための一つの選択肢と言えるでしょう。