耳で聞きなれるのも大切

最初から期待するのはNG

英語を聞き取ることは、知識やノウハウなどよりも、とにかく耳に慣らすことが一番大切なことです。特に、英会話の初心者の方の場合、ヒアリングしようとしても、英語の音に慣れないうちはヒアリングをしていても大変かもしれません。英語がペラペラにしゃべれるようになりたいと思っている方の中には、”英会話教材を買って、英語を聴いてみたり、集中してリスニングしても、ほとんど英語を聞き取ることができない・・という経験をしたことがあるかもしれません。このような経験は誰もが経験すことなので、あきらめないでください。一番大切なことは、継続して続けることにより少しづつ英語の音に慣れていくことです。英会話教材を買って、最初から全てを理解するつもりでリスニングしようとするならすぐに分からなくなり挫折してしまうかもしれません。ですから、自分のペースで少しづつでも英語に慣れていく!といった、気持ちに余裕を持って英会話の勉強に挑むなら長続きさせることができるでしょう。英会話の学習はあせらずじっくりと少しづつ行っていくようにしましょう。

英会話教材の効果的な使い方とは?

英会話教材を使うときはCDとテキストを使用している方がほとんどのことでしょう。英文の意味をチェックしたり、CDでリスニングして英語の発音を確認したり、テキストを自分で音読するなどが一般的な学習法です。この練習を何度も繰り返し、たくさん英語を聴くことがとても大切です。何度も何度もリスニングをして、量をこなしていくなら上達する近道となるでしょう。何度もリスニングすることで、徐々にですが英語特有のリズムがつかむことができるようになってきます。では、どのように効果的にリスニングの練習をすることができるでしょうか?まず英会話初心者の方の場合、CDタイプの英語教材をメインに使用して教材のCDを何度も何度もリスニングして耳を慣らしていくなら、テキストの英文の内容を理解でき、英単語と文法を理解していくことができるでしょう。英文の意味を理解した後、繰り返しCDをリピートして聞いて、英語をリスニングしていくなら耳も慣らしていくことができます。

BGM代わりに・・

リスニングで耳で英語を聞きならすことも大切です。ですから、勉強に疲れた時やリラックスしたい時など、英語のCDをBGM代わりに流しておくことも一つの方法です。BGMとして流す際には、真剣に聞く必要は全くありません。意味が分からなくてもそのまま聞き流すだけで耳を英語に慣らしていくことができるのです。